日本製のマンガン電池が見つかりません

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック 乾電池 マンガン ネオ 単3 40本入
価格:1885円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)

テレビ、エアコンのリモコンなど休み休み使う機器、
置き時計など微弱な電流でよい機器にはマンガン電池が最適です。

アルカリ電池では、電解液が水酸化カリウムでこいつが液漏れすると厄介。
液漏れしてもマンガン電池では弱酸性の塩化亜鉛などを使っているので、
毒性や危険性がアルカリ電池よりも低くなっています。

最近スーパーなどで電池売り場を見るとほとんどがアルカリ電池しか売っていません。
(リモコンに使う用途が多いので単3か単4で探しました。
 100均辺りだと扱っています。)。
実際どちらでも使える訳で、最近の電池は性能や安全性が高くなっているので、
ほとんど大丈夫だそうですが、万が一ということがあります。

実際はアルカリはほとんど使わず、子供のおもちゃは充電式のエネループですが。
こっちはコストの面で最適ですし、モーターをガンガン動かすような作りが多いので大電流のエネループが良いと思います。

ということで割ときちんと使い分けをしている我が家なのですが、
昔の気分のままずーっと使っていたら、最近になって気づいてしまいました。
マンガン電池に日本製がない…。

マンガン電池を製造している老舗メーカーで
自分の中ではいわゆる「ザ電池」のデザインだと思っている、ナショナルの乾電池
今はパナソニックのネオというやつですね。
これが日本製ではなく、富士通、日立、三菱も製造国は海外でした。

向いていないアルカリ電池の日本製を使うか、最適なマンガン電池を使うか迷った結果、
どっちがベターかを考えて、マンガン電池の方が安全と判断し、
引き続きパナソニックのネオを使うことにしますが、
日本製のマンガン電池作って欲しいなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です